医学の進歩で胎児の人間性が示されたと主張する中絶反対派

(2021年12月5日)

2021年12月1日(水)、ワシントンにある連邦最高裁判所の前で、2018年に制定された法律によって生存能力のかなり手前である妊娠15週目以降の中絶が禁止されるミシシッピ州からの訴訟の弁論を聞くために、中絶反対派と中絶権擁護派がデモを行っている。 (AP Photo/Jose Luis Magana)


 米連邦最高裁のエレーナ・ケーガン判事は、1日に行われたミシシッピ州の中絶禁止法をめぐる裁判の口頭弁論で、(女性の中絶権を認めた)1973年の「ロー対ウェイド判決」以来、「状況はほとんど変わっていない」と主張した。だが、中絶反対派は、科学を挙げてこれに反論している。

 ロー判決が下された当時、胎児が生存できるのは妊娠28週ごろからだった。医学の進歩により、今は23~24週、時にはもっと早くから生存可能と考えられている。テキサス州で2014年に妊娠21週で生まれた女の子は、わずか14・5オンス(約411㌘)の体重だったが、元気良く成長していると報じられている。

 「1973年以来の科学、技術、医学の進歩は、子供の人間性、特に胎児の痛みの科学を示している」。1日に発表した声明でこう訴えたのは、中絶反対派団体「スーザン・B・アンソニー・リスト」だ。「中絶賛成派は73年から何も変わっていないと主張するが、これ以上の間違いはない」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年07月05日)

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年07月03日)

米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)
→その他のニュース