バイデン、ハイテクサミットに参加している企業らにサイバー攻撃への対処案を依頼

(2021年9月2日)

Photo by: Evan Vucci President Joe Biden attends a meeting about cybersecurity, in the East Room of the White House, Wednesday, Aug. 25, 2021, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン米大統領は25日のホワイトハウスの会合に参加している主要なハイテク企業、銀行などの幹部に、国家の経済に損害を与えるハッキングやサイバー攻撃に対する解決策を考え出すよう求めた。

 バイデン政権は、主要なインフラへの壊滅的な攻撃と数百万人の米国人のデータを危険にさらすハッキングに見舞われる中、ハイテク企業との新しい官民協力を模索してきた。

 連邦政府は、新たなサイバー防御を開発し、労働者を訓練し、コンピューターネットワーク上の不正への対応を促進する新しい情報共有方法を作成するために民間部門に目を向けた。

 「今日、私のチームは30か国が集まってランサムウェアとの戦いを強化する会議を主催しているが、現実にはわわれの主要なインフラのほとんどは民間部門によって所有、運営されており、連邦政府だけでこの課題に取り組むことはできない」とバイデン氏は出席者に語った。「あなたがたは、サイバーセキュリティの水準を引き上げる力や能力、責任があるので、今日ここに招待した」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米、インフラの警戒強化呼び掛け ウクライナへのサイバー攻撃受け

(2022年01月20日)

対中法案、大部分が不成立 米両院通過はわずか3本

(2021年12月29日)

米国防総省の「対中アプリ」は融和政策の表れ

(2021年12月26日)

中国・イラン、新たな脆弱性突いて米システム攻撃か

(2021年12月19日)

米金融大手の年金基金対中投資に10州が見直し要求

(2021年12月10日)

国防長官「地域の緊張高める」中国の極超音速兵器、新たな脅威へ対応迫られる

(2021年12月06日)

政治色強める米軍への信頼が低下

(2021年12月04日)

電磁パルス兵器で米に壊滅的脅威 インフラ直撃で停電、人口9割死亡予測も

(2021年11月25日)

台湾侵略の準備完了、米議会委員会の報告書 前例なき中国の核兵力で高まる威嚇

(2021年11月23日)

中露、米弱体化へコロナ偽情報を悪用-シンクタンク報告書

(2021年11月20日)
→その他のニュース