民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

集会でトランプ氏のサインを掲げるヒスパニック系サポーター(AP File Photo/Jae C. Hong)


 ANALYSIS/OPINION:民主党は、ヒスパニック社会は長年の慣例に従って、民主党に投票し続けるものと思ってきた。

 しかし、カリフォルニア州やテキサス州の最近の選挙結果は、その有権者の多くが、民主党の左傾化につれて同党から離れ、共和党と手を結ぼうとしていることを示している。

 カリフォルニア州のニューサム知事はこの夏、リコールを免れたが、ヒスパニック社会からの支持は減った。出口調査によると、ヒスパニック系の58%がリコールすることを拒否した。過半数ではあるが、2018年のニューサム氏のヒスパニックからの支持より6ポイント低い。メキシコ国境にある州の南東の門に位置し、住民の80%以上がヒスパニック系であるインペリアル郡では、知事のリコールに賛成票が投じられた。トランプ前大統領は2020年に、インペリアル郡で36.7%を獲得、2016年の26.6%を上回った。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


胎児と移民との交換

(2022年05月25日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)
→その他のニュース