中国・トルコ、ロビー活動を強化、元米議員90人が外国代理人に

(2022年7月1日)

2018年9月3日(月)、ワシントンの連邦議会議事堂に掲げられた米国国旗。(AP写真/J. Scott Applewhite、ファイル)

By Ryan Lovelace – The Washington Times – Wednesday, June 29, 2022

 2000年以降、元米連邦議会議員のうち少なくとも90人が外国の政府・機関の代理人としてロビー活動を行っていることが、米シンクタンク、クインシー研究所の調査で明らかになった。

 最も多いのはトルコで16人。兵器売却やクルド人民兵への対応、第1次世界大戦中の「アルメニア人虐殺」などの問題をめぐってトルコ政府の意向を受けてロビー活動を行っている。韓国、台湾、サウジアラビア、中国がそれに続き、90人のうち共和党が49人、民主党が41人だ。

 16年以降でロビイスト獲得に最も多くの資金を投入したのは中国で、「過去4年だけで7人を獲得した」という。

 共和党のデービッド・ビッター元上院議員は、中国国有の監視カメラ大手、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)のロビイストとして活動、ジンバブエ、ロシアの代理人も務めている。

 クインシー研究所のベン・フリーマン研究員は、この数字について、予想していたよりも多いと指摘。「軍事作戦、国外での情報活動、国家安全保障など」在職中に入手した重要な情報が敵国に渡る可能性があり、「国家安全保障にとって脅威」との見方を示している。

 また、全体のうち57人が中国、サウジなど、人権団体フリーダムハウスが「自由でない」と評価している独裁体制国家のロビイストとして活動している。

 フリーマン氏は「外国の影響と戦う法案」への支持を表明している。法案は今月に入り、超党派で提出され、元連邦議員らが外国機関のロビイストになることに制限を課している。

中国が衛星追跡レーダー公開 宇宙戦能力を強化、友好国に売却も

(2022年11月20日)

中国、航空ショーで最新鋭戦闘機を披露

(2022年11月13日)

バイデン政権 核兵器の役割を軽視 核政策の指針を修正

(2022年11月09日)

米情報機関、企業と提携しネットを監視か

(2022年11月06日)

米軍、豪に爆撃機B52配備へ 中国への対抗鮮明

(2022年11月04日)

台湾防衛能力に「あいまい」はない

(2022年10月25日)

ロシア戦術核使用がもたらす影響は想定が困難

(2022年10月23日)

中国は台湾統一計画を加速-国務長官

(2022年10月22日)

ハンター・バイデン氏、共産中国「政治戦」機関との絆とカネ

(2022年10月21日)

極超音速ミサイル追尾できず 米軍は依然中露に遅れ-議会調査局報告

(2022年10月15日)
→その他のニュース