202106


同盟修復に向かうバイデン欧州ツアーのタスクリスト
 バイデン大統領は水曜日、就任以来初めてとなる外遊に出発した。
 大西洋の向こう側の国々との関係修復、コロナ感染症克服のためのワクチン戦略、経済と民主主義の先進諸国が結束してロシアや中国からの地政学上の挑発を克服し、サイバー空間で高まる脅威に対処することなどが期待されている。→続き
ハリス副大統領の移民対策は逆効果か
 カマラ・ハリス副大統領は、国境の問題をめぐって初めての外交に乗り出す。中米に向かい、国家建設に40億㌦の提供を約束し、国民が自国で暮らせるよう状況の改善を求める予定だ。この戦略は以前にも試みられたが、アナリストらは、容易ではなく、短期的には、逆に米国に来る人々が増加することもありうると指摘する。→続き
民主党広報担当がマンチン上院議員を個人攻撃
 民主党の広報担当が、ジョー・マンチン上院議員(民主、ウェストバージニア州)に異例の個人攻撃を行った。党の急進的政策に待ったをかけたからだ。リチャード・ダービン民主党上院院内幹事が率いる上院司法委員会民主党の広報、ジェナ・バレリエストラ氏は6日、ツイッターで、マンチン氏は、自身の生活環境がよくないからといって、党の選挙法案を阻止すべきでないと訴えた。→続き
米運輸長官、バイデン氏の予算は「大胆で責任ある」
 ピート・ブティジェッジ米運輸長官は、6兆㌦の予算案は「大胆」かつ「責任ある予算」であると述べ、バイデン大統領の支出計画に対する財政上の懸念に反論した。
 ブティジェッジ氏は、道路や橋のほか、共和党が「インフラ」とは見なしていない多くの計画への「一世代に一度の」の投資として大統領が推進している2兆3千億㌦の「米国雇用計画」の主要な広報係を務めている。→続き
バイデン政権は、クアッド拡大で中国に対抗することは目指していない
 バイデン政権当局者らは、米、インド、日本、オーストラリアの戦略的枠組み「クアッド」に他国を加える意向はなく、インド太平洋地域での米国の政策の今後は、この四つの民主主義大国が、世界の舞台で攻勢を強める全体主義の中国に、いっそう強く連携して対抗できるかどうかにかかっていると述べた。
 クアッドに関与している政権高官の1人はワシントン・タイムズに「インド太平洋への進出をめぐる米国の政策全体にとってクアッドは、間違いなく中心的位置を占めるようになる」と述べた。→続き
上院議員、ハッカーをかくまう国への罰を主張
 共和、民主両党の2上院議員が6日、米国民は「ガソリンと牛肉を取り上げ」られ、ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)について真剣に考えるようになったと指摘、ハッカーをかくまっている国を罰するべきだと訴えた。
 民主党のマーク・ワーナー上院議員(バージニア州)は、米国の燃料の大動脈であるコロニアル・パイプライン、食肉処理のJBSフーズ、アイルランドの保健機関が、ロシアを拠点にしているとみられるハッカー集団の攻撃を受けたことを受けて、国際的な規範が必要だと主張した。→続き
移民の子供たちを収容する費用が「急上昇」と共和党は批判
 米下院監視改革委員会で共和党トップは2日、毎日違法に国境を越えて押し寄せる何百人もの子供たちに対処するため「急上昇」する費用を調査する公聴会を開催するよう要求し、バイデン政権は危機を軽視するために言葉を都合よく解釈していると述べた。
 ケンタッキー州選出でジェームズ・コーマー下院議員は、同僚議員を率い、書簡で同委が傍観者的態度をやめ、現状について公聴会を開くよう求めた。→続き
米IT大手への国際課税に関税で対抗するバイデン政権
 バイデン政権は2日、グーグル、フェイスブックなどIT企業デジタルサービス税を課した6カ国の製品に関税を課すと威嚇した。
 通商代表部(USTR)のキャサリン・タイ代表は、関税を課すが、最長180日間、実行を保留とすると発表、デジタルサービス税の問題に対処する国際的な合意が交わされることに期待を表明した。→続き