202108


バイデン、ハイテクサミットに参加している企業らにサイバー攻撃への対処案を依頼
 バイデン米大統領は25日のホワイトハウスの会合に参加している主要なハイテク企業、銀行などの幹部に、国家の経済に損害を与えるハッキングやサイバー攻撃に対する解決策を考え出すよう求めた。
 バイデン政権は、主要なインフラへの壊滅的な攻撃と数百万人の米国人のデータを危険にさらすハッキングに見舞われる中、ハイテク企業との新しい官民協力を模索してきた。→続き
議会下院を取り戻す勢いの共和党
 共和党と民主党の選挙参謀はどちらも、2022年の中間選挙で共和党優勢か、とのNBCニュースの最新世論調査の結果を留意するべきだ。同調査によれば、今の時点で米国の成人47%が合衆国議会は民主党に支配されることを望む一方、46%は共和党主導の議会を期待していて、残り7%が判断に「確信が持てない」と回答している。→続き
バイデン大統領、駐日大使にエマニュエル前シカゴ市長指名
 バイデン大統領は20日、オバマ政権の大統領首席補佐官だったラーム・エマニュエル前シカゴ市長を駐日大使に指名した。
 2003年から2009年までイリノイ州選出の下院議員を務めたエマニュエル氏は、バイデン政権で要職に就くとみられ、米通商代表部(USTR)代表や運輸長官などのポストが有力視されていた。→続き
中国、台湾の防空識別圏に爆撃機侵入
 台湾国防省によると、中国軍は台湾の南東端付近でH6爆撃機の飛行を強化し、台湾の防空軍は対応を迫られている。
 H6爆撃機の飛行は、人民解放軍による最新の軍事行動で、人民解放軍は今週、台湾の近くで大規模な軍事演習を行うとともに、台湾と米国の両政府を批判するプロパガンダを強化している。→続き
ジャヤパル民主議員、予算案めぐり穏健派議員を非難
 プラミラ・ジャヤパル下院議員は、資金調達のための電子メールで、穏健派の民主党議員を非難、超党派のインフラ整備法案について下院で先に採決が行われなければ、3.5兆㌦の党の支出法案を頓挫させると脅したからだ。
 ワシントン州選出のジャヤパル氏(民主)は、14日に送信したメールで、自身の選挙運動への寄付を呼びかけ、「大きく、大胆で、迅速な投資」を約束する一方で、民主党議員らを攻撃した。→続き
バイデン、トランプ両氏、タリバン攻勢めぐり応酬
 バイデン大統領は14日、アフガニスタンでタリバンが急速に勢力を伸ばしていることについて、トランプ前大統領を非難し、トランプ氏が退任する際にこの過激派組織を「2001年以来、軍事的に最も強い立場に置いた」と述べた。
 これに対しトランプ氏は、バイデン氏が「われわれの政権が残した計画に従わずに、アフガンから逃げ出した」と述べた。→続き
ドミニオン社、2020年大統領選挙についてNewsmax, OANを訴訟
 米ドミニオン・ボーティング・システムズは10日、米保守系メディアのニュースマックスとワンアメリカ・ニュース・ネットワーク(OAN)を訴え、両社が2020年の大統領選について虚偽の主張を貫くことで、投票用ハードウェアとソフトウェアを販売するドミニオン社の名誉を毀損したと主張した。
 両メディアから16億㌦を要求しているドミニオン社のジョン・プロスCEOは「被告やその他の人々によるこの嘘の集中砲火は、当社や顧客、従業員に深刻な被害をもたらし続けている」と述べた。→続き