202105


内部分裂と反ユダヤ主義に揺れるユダヤ系米国人
 イスラエルとガザ地区を支配する民兵組織ハマスの間の戦闘が発生、先週、停戦を迎えた。
 ラビ(ユダヤ教教師)の教えを受けるマックス・バックスダールさんは、自身のコミュニティーの中で、イスラエルと精神的につながりを持つ人々を思いやりながら、パレスチナの人々も支援したいと思っている。→続き
警察改革法案、期限に間に合わず 警官の免責めぐり対立
 ジョージ・フロイドさん殺害から1年を迎える25日、議会では依然、警察活動法案をめぐって押し問答が続き、バイデン大統領が定めた期限までの議会での合意は困難な情勢だ。
 共和党との協議に加わっているカレン・バス下院議員(カリフォルニア州)、コリー・ブッカー上院議員(ニュージャージー州)の民主党幹部らは、バイデン氏が提示した期限までに上院で合意を交わせないことを認めた。→続き
バイデン、プーチン両氏、6月16日にジュネーブで初顔合わせ
 バイデン大統領は6月16日にロシアのプーチン大統領とスイスで会談する。ホワイトハウスが25日、明らかにした。2人は、英カービス湾で開催される先進7カ国首脳会議(G7サミット)出席に合わせてジュネーブを訪問する。サキ米大統領報道官は、「両首脳は、さまざまな差し迫った問題について話し合う。米露関係の予測可能性と安定を取り戻すことを望んでいる」と述べた。→続き
トランプが作った新しい共和党の中で、トランプの影響に陰りが見えてきている
 ANALYSIS/OPINION:1か月前の本コラムで、バイデン政権がすでにピークに達したと予測した。ほとんどの人はその考えに賛成することを躊躇したが、18日に、ウォールストリート・ジャーナル紙前編集局長のジェラルド・ベイカー氏がついにその考えに同調した。それから1か月間は、バイデン大統領にとって恵まれたものではなかった。→続き
独自-中道派民主党議員、ペロシ下院議長の薬価引き下げ計画に反対票か
 スコット・ピーターズ下院議員は、ナンシー・ペロシ下院議長の優先課題の一つ、薬価引き下げを目指す法案を葬り去ろうとしている。
 民主党中道派のピーターズ氏(カリフォルニア州)はワシントン・タイムズに、ペロシ氏の法案に反対票を投じる可能性があることを明らかにした。→続き
バイデン政権、パイプライン閉鎖による燃料不足に対し対処へ
 バイデン大統領は継続して、コロニアル・パイプラインへのサイバー攻撃とそれによる閉鎖について「定期的な報告」を受けており、連邦政府に、原油不足に対処するよう命じた。ホワイトハウスが明らかにした。ジェン・サキ大統領報道官は10日夜、バイデン政権が「東海岸への燃料供給に関して起きていることへの影響を継続して評価している」と述べた。→続き
共和党議員、イランへの情報提供疑惑めぐりケリー特使への予算凍結要求
 4人の共和党上院議員が、ジョン・ケリー大統領特使がイランに情報を提供したという疑惑に国務省が応えるまで、ケリー氏の気候変動対策のための国務省の新たな計画への予算を凍結するよう求めた。
 4人は、上院外交委員会のロバート・メネンデス委員長(民主、ニュージャージー州)への書簡で、国務省内にケリー氏の「気候変動大統領特使室」設置のための予算、250万㌦を停止するよう求めた。→続き
ネット普及計画めぐり民主党の「大きな政府」と戦う共和党
 下院民主党は、1000億㌦をかけて、ブロードバンドインターネット接続を地方の貧困地区、都心のスラム街にまで拡大し、低所得世帯にインターネット利用料を月50㌦支払う新型コロナウイルス対策を恒久化するとともに、一部に対しプロバイダーの課金に限度額を設ける意向だ。
 バイデン大統領と民主党幹部らは、コロナ感染拡大により、学校に行ったり、医師に診せたりするという日常的な行動を取るうえで、インターネットにつながっていることの重要性が高まったと主張した。→続き